バスでの長旅のポイント

快適性を上げる装備

ウーマン

夜行バスの利便性の高さが見直されつつあります。夜行バスは都市間をつなぐ理想的な交通網ですが、夜行バスの普及に伴いサービスの質のプランが提供されるようになりました。福岡にも近隣エリアだけではなく、関西や関東方面へ運行している夜行バスが沢山見られます。中には福岡から格安料金で主要都市へアクセスできるものもありますが、夜行バスの中には利便性に優れたサービスを提供し差別化している企業も多くなりました。その為、長時間に渡る快適な旅行は夜行バスの設備やプランニングに大きく左右されるのです。より快適な夜行バスの旅を希望する場合、どのようなサービスが提供されているのかを知っておくことが必要です。具体例としてはシートの形状があり、幅や面積だけではなく低反発素材を使用したものや電動でリクライニングが調節できるものなど、理想的なタイプを選ぶ事が肝心です。特に、中高年者の場合は福岡からの夜行バスで少しでも疲労を緩和させるため、これらの特殊機能を持つシートを選択することが欠かせません。これら特殊なシートは長時間の運行で疲労の原因となる下半身の血流の停滞や乳酸の蓄積を防ぎます。また、腰痛などをお持ちの方はリラックスした姿勢で長時間過ごす事が出来る為、理想的なシステムです。そして、福岡から運行している長距離の夜行バスは清潔なトイレを完備した車両も数多く見られます。その結果、トイレ休憩などを心配する事無く夜行バスの快適な旅を楽しむことが出来るようになっているのです。

寝ている間に到着する魅力

バス乗り場

寝ている間に目的地に着く夜行バスは、その利便性の高さから若者を中心に人気があります。また、移動する距離に比べて夜行バスは、新幹線や飛行機と比較すると格段に安い運賃ですみます。このことも、多くの若者が新幹線や飛行機よりも夜行バスを選ぶ大きな理由です。そして、最近の夜行バスは豪華仕様になってきており、個室のような座席やインターネット接続に欠かせないwifi設備やスマートフォンを充電するための電源などを完備している夜行バスも珍しくなくなってきています。夜行バスの欠点でもあった座席の狭さを解消し、長身の男性でも伸び伸びとくつろげる座席シートや女性に嬉しいライト付きの鏡を完備したパウダールームを備え付けています。こうなってくると、バスと言うよりは移動するホテルと言ったほうがいいかもしれないほど、充実の豪華設備を備える夜行バスは増加しています。東京から福岡まで行く場合には、新幹線では安くても約2万円かかり、飛行機なら約1万6千円ほどかかります。しかし、夜行バスになると約9千円ほどで移動できる上に、寝ている間に福岡に着くので朝到着すればすぐに福岡観光を始められます。夜行バスをホテル代わりに理由すれば、1泊分のホテル代を浮かせることもできるのでその分、グルメや観光にお金を回すことも可能です。福岡にはさまざまな観光スポットがあり、博多駅そのものが観光スポットとして知られており、その近くには住吉神社や日本庭園で知られる楽水園や柳橋連合市場などがあります。

格安の移動手段

鞄

少子高齢化の日本では多くの自治体で人口減少が進む中、福岡市は人口が増えるという珍しい現象がおこっています。今若者にとても魅力的な街として人気があり、人口がどんどん増え住宅、商業施設などができ活気ある街づくりも始まっています。イベントなども多数行われているので福岡に訪れる人や福岡から旅行や出張で出かける人も多く交通機関がものすごく発達しています。航空機、新幹線の長距離を移動するものや電車の本数も多く九州の各県、大阪や東京、海外へと出かけるのに便利です。移動手段は多数ありますが、格安で移動できる乗り物といえばやはり夜行バスでしょう。福岡から九州各地や中国四国地方、更に関西地方や中部地方、遠くなら東京までも行くことができます。夜行バスの魅力は格安で出かけることができる点で、旅行なら余った費用を買い物や食事にまわすことができます。夜行バスを使うときはパソコンやスマートフォンで便利なサイトを利用すれば今現在一番安い料金を知ることができます。近距離であればこれで十分ですが関西や関東に移動するとなると長時間乗ることになるので格安バスが必ずいいとは限りません。女性一人では不安でしょうし、長時間乗ると寝ることや移動疲れが問題となり座席やトイレ休憩があるかなどを確かめておくと便利です。座席では三列シート、二列シート、完全個室があり、女性専用座席や専用車両があります。夜行バスに乗るときは電話や音楽で音が迷惑になるものはやめること、音、光、においが気になる人は耳栓やアイマスク、マスクがあると便利です。